うつ病の原因を徹底解剖|ストレスを溜めないことが鍵

うつに関する知識を持つ

医療

原因は一つではなく三つある

うつ病の原因は一つだと思ってる方もおられるかもしれませんが、それは違います。うつ病を引き起こす要因は実は複数あり、なおかつそれぞれに性質が異なっています。したがってうつ病の原因を知りたい方は、全ての要因を把握できるようにしておいてください。それではこれから一つずつ原因を追っていきたいと思いますが、一つ目は心理的なストレスです。これは何かというと、人間関係の問題や何らかの思い煩いによって、精神的にへとへとになるということです。人間は心理的なストレスが蓄積するとポジティブな思考を持つことができなくなり、うつ病を発症しやすくなってしまいます。これはメジャーな要因ではありますが、簡単に克服できないものでもあるので、重要なポイントとして抑えておいてください。二つ目の原因は、脳内に変化が起きることです。これはどういうものかというと、何らかの理由で脳内の環境が変化してしまい、それがうつ病を発症させる原因になるということです。非常にデリケートな問題であり、全てが明らかになっているわけではありませんが、脳内の変化はうつ病に極めて大きな影響を及ぼしていると言われており、要因としてしっかり押さえておく必要があります。ちなみに、脳内では様々な神経細胞が躍動しており、それらが協働することによって感情が動くと言われています。この点もぜひ頭に入れておいてください。さて、最後に三つ目の原因ですが、それは本人の体質です。これはどういうことかというと、人間の体内器官や細胞の働き方には個体差があり、その体質の中にうつ病になりやすいものがあるということです。分かりやすく言い換えれば、生まれながらにしてうつ病になりやすい体質を持っている人がいるということになりますが、そういう要素もあることを覚えておいてください。以上、複数あるうつ病の原因について見てきましたが、ポイントは次の点です。それは原因が一つではなく複数あり、それらを全て把握しておく必要があるということです。そうしなければ、自分がうつ病になった場合、原因を特定することができなくなります。

Back to Top