うつ病の原因を徹底解剖|ストレスを溜めないことが鍵

うつ病には抗うつ剤が効く

診察室

抗うつ剤で症状が楽になる

うつ病と言っても人によって出る症状はかなり違いがあり、症状の原因も様々です。ドーパミンという神経伝達物質が不足すれば、趣味や仕事への興味が薄れて好きだったことが楽しめなくなってしまったり、セロトニンが不足すれば心に不安を強く感じてしまい、日常生活を円滑におくれなくなってしまったりします。これらのうつ病の原因を改善するのに適した抗うつ剤を処方することによって、病気を治していくのです。うつ病にかかると、一緒に睡眠障害も引き起こすことが多いです。仕事中に強い眠気に襲われたり、逆に夜は目がさえて眠れないといった症状には生活リズムを整え、心地よい眠気をもたらす睡眠薬の成分が配合された抗うつ剤が処方されます。うつ病を治すためには十分な休養を取る必要があるので、もし心地よく眠れないと感じたなら医師に相談しておくのが大事です。うつ病の原因を改善してくれる抗うつ剤ですが、副作用にも十分注意しておきましょう。勝手に服用を中止したり、副作用が怖いと飲まずにいるとうつ病がますます悪化する原因になりかねません。きちんと医師と自分の症状などを相談して正しく薬を服用していれば、副作用はそれほど怖くありません。薬を飲み始めたころは少し副作用の症状が強く出ることがありますが、医師の指示に従ってしっかり飲み続けていれば、自然と収まり、症状が改善されていきます。ゆっくり休養をとって、再発の恐れがないように最後まで治療を行うことが大切です。もしも不安を感じたり、薬が中々効かないと感じた時には迷わず医師に相談しましょう。抗うつ剤には様々な種類があるので、自分に合った薬を服用するのが病気を早く治すための一番の近道になります。抗うつ剤は長期的に服用する薬になります。もし妊娠をしていたり、授乳していたりする時には注意が必要です。赤ちゃんに影響がないような薬を処方してもらいましょう。うつ病は誰にでも起こりうる病気です。不安や気分の落ち込みが毎日続いてつらいな、と感じたら早めに病院に行って、症状の原因を突き止めて治し、健康的な毎日をおくれるようにしましょう。

Back to Top