うつ病の原因を徹底解剖|ストレスを溜めないことが鍵

良い人とうつ病

メンズ

うつ病になりやすい人

うつ病の原因はまだよく判っていませんが、性格的な要因と環境的な要因が関係していると考えられています。うつ病になりやすい人の性格はいくつか挙げることが可能です。まず、完璧主義な人、真面目な人、周りに良い人と思われている人です。このような人は、自分でも気が付かないところで無理をしている傾向にあります。その為、普段から適度に気を抜くことが大事なのです。性格はなかなか簡単には変わりませんが、考え方や行動パターンを見直すことも重要です。うつ病の治療に認知行動療法というものがあります。物事をマイナス的に考えるのではなく、プラスに受け止めるように、マイナス思考の原因となっている考え方や行動パターンを見直そうという療法です。うつ病の人は、おそらく電車でお年寄りに席を譲らない人を見ると腹が立つでしょう。しかし、風邪をひいて体調が悪いことが原因で、席を譲りたくても譲れないこともあると考えると、気持ちが楽です。並んでいるところに割り込むのは、もしかしたら認知症が原因で並んでいることに気がつかなかったのかもしれません。このように「何か理由や原因があるのかな」と考えると、うつ病の予防になります。また、環境的要因は環境の変化がうつ病の引き金になることがあるということです。結婚や出産、昇進もストレスになり、発症の一因となることがあります。このような人たちがうつ病になった場合に周りが気がつくポイントは、ミスが増えたり口数が減ったり、身だしなみがどうでも良くなるといったことがあげられます。もし、うつ病を発症してしまった場合、初期の段階で医療機関を受診するようにしましょう。うつ病は症状が進行したら、寛解までに時間を要することがほとんどです。なので、進行しないうちに専門医の治療を受けましょう。医療機関では抗うつ剤を使用した服薬治療や認知行動療法だけでなく、専門機器を活用した治療法を受けることが可能です。また、うつ病患者の家族のサポートも手厚く行ってくれるので、家族も患者も安心して治療を進めることが出来るでしょう。

Back to Top