うつ病の原因を徹底解剖|ストレスを溜めないことが鍵

うつ病の原因となる状態

相談

予防は原因の解消が重要

ストレスのもたらす心身への影響はかなり大きなものがあります。学生や社会人は多くの人達の間で生活しており人間関係を中心とした大きなストレスを常に受け続けている状況にありますので、それをうまく解消することを心がけることでうつ病にかかるリスクを軽減することができます。最も簡単で実行しやすい方法が、好きなことに思う存分打ち込む時間を確保するということです。自分の興味のあることを熱中して行うことで、溜まったストレスを発散できることとなりますのでおすすめです。スポーツや読書、映画鑑賞、旅行など、趣味のジャンルは問いません。好きなことに向き合い余計なストレスからうまく離れるという時間がうつ病の予防に大切です。また、気持ちの不安定さの原因となっている人やものごとから思い切って距離を取るということも大切です。自分と合わない人と一緒に仕事をする、行動をともにするということは多大なストレスを感じるものです。実際に人間関係がうつ病の原因となっているケースはかなり多く見られますので、可能な限りその原因から離れて俯瞰的な物の見方をするように心がけておきましょう。睡眠時間の確保や運動もうつ病の予防に効果的です。しっかりとした睡眠はストレス解消効果も大きく、すっきりとした気分となります。ストレッチなどの運動も適度に取り入れ、身体の新陳代謝を活発にすることも効果的とされています。うつ病になりやすい考え方は、過ぎたことを思い悩む時間が多くなり、これからのことに展望を見いだせないという思考ですが、あれこれと考えることをやめることができるきっかけとなるのが上記のストレス解消方法です。もしもうつ病が進行してしまったという場合には、何ごとにも興味がもてなくなり、ストレス解消的な行動をするということも億劫となりがちです。そのような場合には心療内科を受診して気持ちを落ち着けるための薬や、スムーズに睡眠に入れる薬などを処方してもらうという方法があります。きちんと自分の症状を伝えて、状況を見極めて診断をしてもらい、適切な治療を行うことがうつ病克服に重要なポイントです。

Back to Top